デートの行き先はその後の運命に関わる

付き合い始めの頃のデートというものは、その行先によって大きく運命が変わってくるといっても過言ではありません。
デートの日取りも重要ですが、どんな場所をどういうプランで回るのか、ということをしっかりと考えておく必要があります。

デートプランを決める時には、まずは遊園地やテーマパーク、映画館といったメインとなるスポットを「軸」にして計画を立てましょう。
メインとなる軸さえ決まれば、たとえば食事や待ち時間などはどんな場所で過ごすのか、相手が喜びそうな場所はあるか、といった細かなプランが明確に見えてきます。

お互いの趣味を知っておく

デートプランを立てる際には、やはりお互いの趣味や苦手なこと等について多少は知っておく必要があります。
例えば映画を見に行く場合には、どんな映画が好きなのか、ホラー映画は大丈夫なのか、アニメは好きなのかと、基本的な相手の好みを聞き出しておきましょう。

また電車や車を使ってのデートやドライブデートなどを考えている場合には、乗り物酔いの心配がないかも知っておいた方が良いですね。
万が一苦手な場合には、近場でのデートから楽しむのがおすすめです。

食事はどこでするべきか

デートの中でも重要なポジションとなるのが、レストランなど食事を楽しむ場所です。
普段の会話から、和洋中どんな食べ物が好きなのか、甘党なのか辛党なのか、苦手な食べ物などがあるのか、といった話題で確認をしておくと良いでしょう。
デートが出来るからと喜び勇んで高級フレンチのお店に予約をしてまで行ったとしても、相手が食べられないものが多かったり、何よりも二人で楽しく食事ができなければ意味がありません。

好きな食べ物や苦手な食べ物だけではなく、お洒落なレストランが好きなのか、スイーツが楽しめるカフェが好きなのか、それとも一般的な大衆食堂や居酒屋でも全然平気というタイプなのか。
全てを相手に合わせる必要はありませんが、とりあえずは相手の食の好みと、「これだけはダメ」という線引きを確認しておくと安心です。

屋内デートで距離を縮める

よりお互いの距離を縮めたいのであれば、やはり屋内でのデートがおすすめです。
水族館や映画館など、手や腕を組みながらゆっくりと楽しめる場所では、自然と仲が深まっていきます。

また、普段は行かないようなデートスポット以外にも、ショッピングセンター等でラフに買い物を楽しみながらぶらぶらとするようなシンプルデートでも楽しいですね。
ただし、やはり全くの無計画なままでは「ぐだぐだなデート」になってしまいがちなので、ある程度のメインの予定はしっかりと決めておきましょう。