会った瞬間の行動

「脈あり」かもしれない女性が、気になる相手に対して無意識に、時には意思的にとる行動はいくつかのパターンがあります。
その殆どはどれも無意識のうちに行っている事が多いため、見落としをしないように気を付けましょう。

恋をしている女性の目は、なぜか潤んだように熱を持って見える場合があります。
これは人間、特に女性に顕著な本能的現象なのですが、動物や食べ物など可愛いものや愛するものを目にした時、瞬間的に瞳孔が大きく開くのです。

ですから例えば、偶然目が合った女性の瞳が急に潤み、黒目が大きくウルウルと光っていた場合には、「脈アリ」のサインかもしれません。
会った瞬間の行動として、気になる相手と接した時にウルウルと瞳孔が開いてしまう。
これは視界の中に相手の姿を入れていたい、相手に大きな興味があるというひとつのサインなのです。

話をしている時

話をしている時の「脈あり」の行動パターンとして、「つねに笑顔である」というケースがあります。
ただ笑顔なだけではなく、愚痴や悩み相談など、どんなに詰まらない話でも笑顔で聞いたり相槌を打ったり、自分からも話してくれる女性であれば「脈あり」の可能性も。

また、会話の中で自分に対する質問の量が多い時も「脈あり」の可能性があります。
これはもちろん、相手の事をより知りたいという気持ちの表れなのですが、話をしているときにこちら側に体を向けて話していたり、ふと髪に触れたりながら話をしている時には、チャンスあり。

食事をしている時

食事をしている時のポイントとなるのが、「リラックスした状態で食べている」という事です。
行儀が悪い子であればともかく、座る姿勢や正座ではなく、あえて普段通りの状態で座っていると言う状態は、相手が自分に対し心を開いていることを意味しています。

また、食事のスピードがいつもよりもゆっくりでやけに丁寧な時には、綺麗な食べ方を気にしているサインです。
そのスピードに合わせて、ゆっくりと食事をとらせてあげるとより高印象に繋がります。

勘違いをしないように

これはよくあるパターンなのですが、髪をさわる仕草が「脈あり」というケースがあります。
この解釈には実にさまざまなものがあります。
毛先を慣れた手つきでクルクルといじるような仕草であれば、「会話に飽きている」というサインかもしれません。

逆に、話の途中でなんども口元を触ったり、自分の髪を撫でたりといった仕草の場合には、「緊張している」か「相手に優しくされたい」という気持ちの表れでもあります。
様々な「脈あり」のサインを挙げましたが、基本的にはどの仕草も、プラスになります。
思い込み・勘違いで派手な行動を起こしてしまわないように、まずは脈アリの「目安」として考えておく程度が良いでしょう。