メールの頻度はどれくらいが良いか

片思い中のメールやSNSなどでのコミュニケーションのとり方には、少し難しいものがあります。
少なくとも、相手が嫌がる頻度のしつこい連絡だけはタブーと言えるでしょう。
メールを送る頻度は一体どれくらいがちょうど良いのでしょうか。

人にもよりますが、日常的な会話や笑い話などの一般的な内容のメールであれば、1日に2回から3回程度がちょうど良いのではないでしょうか。
とにかくコミュニケーションをとりたいから、とメールを送る回数を多くすると、中身が薄くなってしまい、どうでもいい内容を延々とやりとりするだけになってしまいます。
送る本人は楽しく満足かもしれませんが、送られた相手が喜ぶとは限りません。

生活リズムと合わせて連絡を取る

電話やメールをする際には、相手の生活リズムを十分に考慮して連絡を取るようにしましょう。
こちら側の都合ばかりで身勝手に連絡を取っても、かえって印象が悪くなるだけです。

さりげなく、あらかじめ何時ごろまで仕事に出掛けているのか、食事の時間や寝る時など携帯が鳴って欲しくない時間は何時ごろか、ということを聞いておくのもいいですね。
ただし勿論、あまり前がかりにがっついて聞くと、相手が引いてしまうので要注意。
もしも友達としてある程度は仲が良い場合には、ストレートに「話してたら何故か落ちつくから」「最近疲れてるから暇な時だけ相手して」という感じで素直に軽く気持ちを伝えておくと、相手も不要な警戒はしないでしょう。

文章の中に名前を入れる

会話やコミュニケーションには、相手の関心をひきつけるちょっとした鍵が存在します。
例えばメールを送る時には、テキストの中に相手の名前を入れると好印象になります。
自分に対してメールを送っている、という事を理解してもらえれば、自然と返信の頻度も増えていくでしょう。

距離間を縮めるきっかけにもなるのが、名前を入れたメールのテキスト。
ただしいきなり馴れなれしくはせず、まずは「苗字+さん」程度から始めてみましょう。
勿論、好印象になるからと、むやみにしつこく何度も名前を入れるのは逆効果です。

会話の内容も考えながら

ほとんどの男性はだらだらとした長電話を嫌う傾向にあります。
そのため、ある程度の会話の流れをあらかじめ考えながら話をするのがベストです。

例えば今日あった出来事の中にも、ある程度の笑えるオチがあると会話が弾みます。
ただ聞いて聞いてと話すだけではウンザリされることもありますから、相手に対しても話をふるような会話が出来ればベストでしょう。
会話のキャッチボールができるような、より相手が電話をしたくなるような会話を心がけたいものです。