神前式では白無垢がよく映えるので人気が高い

日本古来の結婚式のスタイルである神前式では、やはり和装がしっくりと来ますし、新婦の美しさを引き立ててくれる装いです。
和装スタイルにはいろいろなタイプがありますが、やはり神前式であれば白無垢が一般的でしょう。

白さが花嫁の純潔や清らかさを強調してくれますし、とてもさわやかな印象を与えるものとなります。
控えめでおしとやかな雰囲気を与えるものとなり、厳粛な雰囲気を増し加えるのにも適した衣装と言えるでしょう。

日本女性の美しさをさらに引き立ててくれるということとともに、場所の雰囲気にぴったりと合ったものですので、神前式では圧倒的に白無垢の衣装を選ぶ人が多くなっています。
こうしたことからも、レンタル衣装の中でも白無垢の選択肢は多く、選びやすいというメリットがあります。
白無垢は単に白い衣装というだけでなく、形や合わせ方、微妙な柄などに細かい違いがあります。
普段目にすることはあまりないものですが、レンタル衣装の会社でいろいろなものを比べてみて、好みの一着を決めると良いでしょう。

色打ち掛けを着て華やかな雰囲気を演出する

白無垢に次いで人気があるのは色打ち掛けでしょう。
和装ならではの美しい彩色が施されていて、とても華やかなイメージを与えてくれます。

和風の結婚式は厳粛な雰囲気があって、日本人の心に響くものとなりますが、一方で少し控えめな感じになるという面もあります。
そこで、色打ち掛けを着て結婚式に明るい印象を加えることができるでしょう。

また、神前式のメインは白無垢にして、いわばお色直しの場で色打ち掛けを着るという選択肢もあります。
白無垢の純潔のイメージの次に、色打ち掛けを着ることで、花嫁の華やかさや喜びを示すことができます。

特に神社の近くでそのまま披露宴をするという時には、色打ち掛けを着るという選択肢を取りやすくなります。
たくさんの柄や色合いのものがありますので、衣装の選定も楽しい時間となるでしょう。
レンタル衣装の店舗によって持っている柄の種類がだいぶ異なりますので、何店舗か回って気に入るものを選ぶこともできるでしょう。

新郎の神前式の衣装は定番となっている

神前式での新郎の衣装は、新婦ほどのバリエーションはなく、羽織袴という定番のスタイルがほとんどです。
やはり、古くからの伝統の衣装でもありますし、男性の凛々しさを強調してくれる衣装でもありますので、神前式にとても映えます。

また、白、黒、グレーの色合いですので、新婦が白無垢を着ても色打ち掛けを着てもぴったりと合いますので、二人そろった姿が美しく見えるというメリットもあります。
二人揃った姿をイメージして衣装を決めることが、上手に衣装を選ぶコツと言えるでしょう。