ドレス選びは体型から選ぶ

基本的にウェディングドレスは自分の体型からセレクトするのがベターです。
式場の雰囲気や挙式のスタイル、また式を挙げる際の年齢なども考慮しつつ、まずは自分の体型を基準にどのようなドレスが一番自分に似合うのかを考えていきましょう。

ウェディングドレスには実に様々なデザインやシルエットのものがありますが、ドレスを目で見たときの感覚と、実際に自分で着用してみたときの感覚は異なるものです。
ドレスショップのコーディネーターや式場のスタッフ、必要な場合にはパートナーともよく話し合いながら、「花嫁」の魅力を最大限に引き出してくれる最高のウェディングドレスを選びましょう。

Aラインから決める

アルファベットの「A」の文字に似ていることから名付けられたスタイルです。
体型を選ばずに上品で綺麗なスタイルに見せることができるため、ウェディングドレス選びにおいては一番人気とも言われるラインです。

他のドレスよりもウエストの位置が高いことが特徴で、上半身から裾にかけてナチュラルな広がりを見せるシルエットには脚を長く背を高くスマートに見せる効果があります。
美しいシルエットを活かしたシンプルなコーディネートはもちろん、可愛いフリルやユニークな立体裁断、ゴージャスな刺繍等があしらわれたものもありますから、キュートにも大人っぽくも自由にアレンジを楽しむことができます。

エンパイアラインから決める

年代に問わずに着用できるドレスとしてはこの「エンパイアライン」がおすすめ。
ウェストではなく胸の下あたりに切り返しがあるため、ゆったりとしたスマートなシルエットを作ることができます。
ウェストを締めつけたくないマタニティの方にもおすすめですね。

古代ギリシャの女神像をイメージして作られたエンパイアランには、万人向けのデザインでありながら、どことなく神秘的で優雅な気品が漂います。
背の高い方はもちろん、あまり背が高くなくスタイルに自信がない方でも美しく着こなすことができるデザインです。

プリンセスラインから決める

正統派のウェディングドレスを選ぶのであればやはり「プリンセスライン」。
ウェスト部分がきゅっとくびれ、スカートの部分はフンワリと大きく広がるデザインです。
可愛らしさや華やかな雰囲気を醸し出すことができると好評で、シルエットもボリューミーなので披露宴会場が広くても目立つことができます。

キュートなフリルや凝った刺繍、素材の重ねといった華やかなアレンジも様々で、長いトレーンなどを合わせればまさに「プリンセス」そのもの。
マタニティ用のドレスとしても定評があり、背の低い方やポッチャリ体型の方でもとても可愛らしくゴージャスに着こなすことができます。