一般的な結婚費用の相場

一般的に言われている結婚費用の相場は、平均として300万円から350万円程度。
これは、式に呼ぶゲストの人数が70人程度と見た場合の数字であり、人数によっては、200万円台で済むこともあるでしょう。

また、ご祝儀などから、実際に負担となる費用は100万円程度となる場合がほとんど。
そのため、結婚資金が0からのスタートでも、予定を始めてから1~2年程度で貯められる金額でもあるといえるでしょう。

費用は年齢と比例するか

一般的に結婚費用と年齢というのは比例していません。
年齢が若いからといって費用が安く済むわけではなく、また年齢が上だからといって高級な式を行う必要もありません。
結婚式場の種類のよって相場が変わってくるのが普通ですので、覚えておきましょう。

よくテレビなどでも取り上げられるハウスウェディングですと、平均として370万円程度が予算だと言われています。
ホテルウェディングの場合は、330万円程度かかる様子。

低予算で抑えたい場合は、チャペルウェディングや神社での結婚式などで挙式のみを執り行うケースも少なくありません。
目的や規模によって大きく変動してくる部分のため、事前に十分なチェックをしておく必要があるでしょう。

格安の結婚式サービス

近年では、格安の結婚式サービスというものも存在します。
値段的に、「ちゃんとしたサービスを受けられるのか心配」、という声も少なくありませんが、口コミなどの評価は随分高いものとなっています。
例えば、こちらのサービスです。
>>家族挙式(サンアクア)
近年、このような少人数のアットホームな式をリーズナブルな値段で実施するケースも増えているようです。
費用面を懸念しているカップルは、一度検討してみる価値はあるのではないでしょうか。

重要なのは二人が納得できる挙式を挙げるということ。
人生の一大イベントの一つですので、しっかりと満足のできるように考えてみてください。

値段と幸せは比例しない

結婚式の値段と幸せの価値は比例しません。
確かに、華やかな式は誰もが心に残るようなイベントになりますが、安くとも十分に素敵な挙式を作ることができます。

例えば、手作りアイテムを織り交ぜながら、新郎新婦らしい挙式にするのもありでしょう。
ブーケはもちろん、ウェルカムボードやネームカードなど、細かな部分でこだわりを見せてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、手作りアイテムを使って結婚式をする場合には、必ず式場スタッフの方と相談をするようにしましょう。
すでに用意してます、と言われてしまうと、せっかく作った物が台無しになってしまうので要注意です。