ring

一般的なタイミングとは

一般的にプロポーズをするタイミングとして多く選ばれているのは、付き合い始めてから2年目が多いようです。
確かに、付き合い始めたばかりの時期よりもお互いの事が良く分かりはじめ、お互いの良い面も苦手な面も、全てをを無理なく受け入れられる準備ができた瞬間と言えるかもしれません。

既に同棲といった形で一緒に暮らしていたカップルの場合には、付き合い始めてから3年から5年というタイミングでプロポーズをする方が比較的多い様子。
驚くことに、付き合い始めると同時にプロポーズをしたという人も全体の5パーセントを占めているんですね。
いわゆる「結婚を前提としたお付き合いを」という形でしょうか。

仕事が落ち着いた時

プロポーズをするタイミングとして目安になるのが、お互いの仕事や生活がある程度安定し、落ち着きはじめた時です。
確かに新社会人として働きはじめた時や転職したばかりの時では、右も左もわからず仕事仕事で精一杯。
生活も収入も落ち着かず、なかなかプロポーズもしづらいものです。

仕事や収入がある程度安定し、お休みなども安定して取れる余裕ができ始めたとき、初めてプロポーズの言葉を伝えることができるということでしょう。
結婚を急ぐあまり、仕事も生活も中途半端な落ち着かない状態のときにプロポーズの言葉を伝えても、かえって軽率で軽薄な印象を与えてしまいかねません。

妊娠が分かった時

付き合っている女性の妊娠が判明した時も、プロポーズを行うタイミングとして考えられます。
順序が逆だ!と言われる人も多いでしょうが、今の時代では「授かり婚」という立派な結婚スタイルが確立されているのです。

授かり婚については下記のサイトでも詳しく説明されているので、参考にしてみてください。
>>結婚の近道、授かり婚!メリットとデメリットって? | ガールズちゃんねる

もしも妊娠が判明した時には、正式なプロポーズと合わせ、両親への挨拶の日程を速やかに決める必要があります。
その際、特に男性は、両親に対し、誠実な対応をすることを心がけておきましょう。
結婚スタイルが確立されているといっても、まだ受け入れられない方もいるので、軽率な態度を取ってはいけません。

二人の記念日に

付き合い始めて何年という記念日や、初めて出会った日、初めてデートをした日、大切な相方の誕生日など、二人にとって特別な記念日にプロポーズをするとロマンチックです。
たとえば、「初デートの場所」、でプロポーズをしたりすると、ムードが高まるかもしれませんね。

往々にして男性の場合には、「記念日」といったものを忘れがちですが、近々プロポーズを考えているようであれば、しっかりとメモをしておくと良いでしょう。
初めて出会った場所、初めて二人が手をつないだ場所、女性のタイプにもよりますが、男性にとってはボンヤリと忘れてしまいそうなことでも、女性にとっては大切な記念日になるものなのです。