ケータイなどのモバイル機器関連の使用頻度を確かめて

ケータイなどを今まではほとんど利用していなかったのに、ここ数日やたらとメールやラインを良くしているという場合や、やたらと隠れてこそこそ電話をしているという場合、本格的な浮気には発展していないものの、何らかのやましいことがあるきっかけである可能性が高いと言えるでしょう。

この時点で話し合いをすることが出来れば、誤解ならば誤解、その理由や、その後の改善策などを話し合うことが出来るかと思いますが、問い詰めたときに逆切れをしたり、やたらと挙動不審になったりなど、明らかに動揺している様子が見られたら、非常に危険な兆候です。

出来るだけ冷静になって話し合いを行い、必要に応じて、ケータイの中身を見せ合う(片方だけ見せるのはフェアではないため)などの対策をするように心がけることが大切です。

明らかに態度が変わった場合は兆候あり

今までと違って急に厳しくなったり、急に必要以上に優しくなったりなど、何のきっかけもなく相手の態度が全く変わってしまったら、浮気の兆候があると言っても過言ではないでしょう。

もちろんこちらは、気が付かないうちに自分が何かをしてしまったというケースも実は少なくありませんので、出来ればまずは自分の生活を見つめなおして思い当たる節が無いかどうかを探る所から始めることが大切ですが、万が一何も思いつかないという場合は、正直に、相手に話をしてみると良いでしょう。

また、もしかしたら何か本などに影響されて相手に優しくしようとしている、善意などの場合もありますので、あまり突然怒りながら問い詰めるような真似をしてはいけません。

万が一話し合いをしようとした際に、ごまかしたり、話をそらそうとするようであれば、非常に浮気の兆候が高いと言っても過言ではありません。

今までと趣味が変わったら注意

今まで全く服に興味がなかったのに、最近突然、今までの趣味とは全く違うような服を買い始めたという場合や、突然スポーツを始めた、突然ダイエットを始めたなど、何の脈絡もなく突然の趣味の変わりようなどがあった場合は、好きな相手に影響を受けている場合もありますので、ある程度相手を観察することが大切だと言えるでしょう。

あまりにも変貌が激しい場合は思い切って相手に、最近何だか変わったねと言ってみることも大切ですが、その時に、あまり思わしくない態度を取っている場合は、浮気の兆候があるケースも少なくありません。
そのため、出来るだけ相手の行動に目を向けて置き、場合によっては、自分も相手の趣味に賛同する形で、一緒に楽しむようにしむけて、相手の様子を観察してみることも必要になると言えるでしょう。