連絡を強制させないこと

女性から男性に対し、連絡を取ることを強制させないでください。
男性は束縛されることに対して負の感情を抱きやすいため、返事がないことに対して苛立ちを見せてしまうと、かえって逆効果の可能性が高くなります。

連絡がない時にはさりげなく話しかけてみると良いでしょう。
なぜ連絡を取れないのか、または、取らないのか。
お互いの事情を理解した上で、楽しく会話できるようにすれば、自然と苛立ちや不安もなくなると思います。

ベストな頻度とは

男女におけるベストな連絡の頻度は、という質問に対し、毎日連絡するべきという回答が約半数でした。
一方で、週イチでもいいという人が1割程度いると言われています。
また、毎日連絡するべきと回答した方の中にも、実際にはメールを一通から二通程度送るだけ、という人が多いようです。

「今何をしているのか」という問いかけではなく、「今日何があったか」というさりげない報告などの内容でメールしてみると、返信が強制されているわけではないため、相手が返信する時に負担になりづらいと言われています。
返事が返ってこない時には「忙しいのかも」と思って理解してあげることが大切です。

メールと電話の頻度

メールと電話とで、連絡のベストな頻度はそれぞれ異なります。
好きなタイミングで返事がしやすいメールは便利なツールですが、なるべく長文にならないように心がけた方が良いでしょう。

好きなタイミングで読めると言っても、当然返信を期待して送られてきている以上、全てを読み切らなくてはならず、気持ちに余裕がないときなどは負担に感じやすいようです。
ただし、絵文字・顔文字だけのメールはかえって逆効果です。
適当な対応を取られていると感じられてしまうリスクがあるためです。

電話で連絡を取る時には、どちらが掛けるのかをあらかじめ話しておくのが良いでしょう。
メールと異なり、電話の場合はお互いの時間が合わないと連絡が取れないため、どちらがどの時間帯に連絡する、とまで決めておいた方がスムーズに連絡が取れます。
不意な電話は、何か問題が起こったのかなどの不安を想起させてしまいます。
また、毎回電話する方が決まっているというよりも、交互に電話をかける方が入れ替わるようになれば、相手の事情などを理解する良いきっかけになり、より関係は長続きすると言われています。

回数が愛情の度合いと比例しない

連絡の頻度や回数は、必ずしも愛情の度合いとは比例しません。
とはいえ、全く連絡を取らない時には、二人の関係に少しずつ歪みが出来始めている合図かもしれないので注意が必要です。

男性の場合、別れのきっかけに気づくのが遅れる場合が多いようです。
メールなどによりさりげないアピールを行う事で、未然に防ぐケースもあります。