ウエディングドレスとセットで決めるようにする

ウエディングシューズとは、結婚式当日に履く靴のことを指しますが、シューズだけを決めるということはできません。
ウエディングドレスとのバランスがとても大事ですので、必ずウエディングドレスを決める際に、一緒にウエディングシューズも決めるようにしましょう。
こうしたことから、一般的には衣装をレンタルする時に、シューズを同じところで一緒に決めることが多い傾向にあります。

ウエディングシューズは、ドレスと同じように、普段履いている靴とはデザインがかなり異なるものですので、専門のショップで購入したりレンタルしたりした方が良いでしょう。
そして、ウエディングドレスの試着をして最終的にドレスを決めた段階でシューズを選ぶようにすると、スムーズに決定ができます。
ドレスと違ってシューズの選択肢はそれほど多くありませんし、ドレスに合ったシューズを選ぶ必要がありませんので、それほどシューズ選びに悩むことはないでしょう。

結婚式場の状況も考慮してウエディングシューズを選ぶ

ウエディングシューズを選ぶ際には、見た目の良さと共に、歩きやすさという要素を考慮する必要があります。
特に、ヒールの高い靴を普段履きなれていない人は、当日転倒などの失敗を犯さないためにもしっかりと考えるようにしましょう。

結婚式場の状況を考えて、当日たくさん歩く必要があるか、段差があるところを歩かなくてはならないかなどをチェックしましょう。
特にチャペルでの結婚式では、会場内外に階段が設けられているケースがほとんどです。

そして、そのようなところで写真撮影をすることが多かったり、みんなの前に立ったりすることが多くなります。
ドレスを踏んでしまったり、転んでしまったりすることがないように、安心できるシューズを選ぶようにしましょう。

特にレンタルの場合は、事前に履いて歩く練習をすることができず、慣れない靴を当日初めて履いて歩くことになりますので、このポイントを考慮することは大事だと言えるでしょう。
ヒールの高さを考えるとともに、ヒールの太さを見ることも大事です。
高めのヒールにするのであれば、ある程度太さがあると安心です。

新郎との身長バランスを考えることも大事

ウエディングシューズは、高さの差こそあれ、ほとんどすべてにヒールがあります。
ヒールの高さを決めるにあたっては、歩きやすさに加えて新郎との身長差を考えるようにしましょう。

新郎がかなり高い方であれば問題ありませんが、ヒールの高いシューズを履くと新郎と同じ身長、下手をすると新郎を超してしまうということもあります。
見た目の良さだけで決めてしまうと、結婚式当日二人で並んだ時に初めてそれが発覚するということもありますので、ウエディングシューズを選ぶ際には、新郎の身長を考えましょう。